レーシック手術は安全です

女性 画像

レーシック手術は視力が回復するのでメガネがいらずに生活ができると人気です。最近では手術できる病院も増えています。
しかしその歴史はまだ浅く、2000年に許可が下りてから徐々に普及してきました。
その為にどの眼科でもできる手術ではありませんし、健康保険は使えないのですべて自費扱いとなり料金なども違いがあるようです。

 

これからレーシック手術を受けるのであれば、実績・安全性の高さ・料金・サービスを総合定期に比較して選びたいですね。

 

当サイトではレーシック手術で人気の高い病院をご紹介しています。
地元に該当の病院がなくても交通費補助や提携ホテルがあるなど、遠方からの来院も可能です。
どこで手術したらいいのか迷っている方はぜひ参考にしてください!


レーシックが人気のクリニック

 

品川近視クリニック
品川近視クリニック  画像 品川近視クリニックは日本でNO.1の手術実績を持つクリニックです。

照射時間を短縮するためにアマリスZレーシックという、7次元で眼の動きを認識することができる機能を搭載したアマリスを使用することで、患者の目に負担を与えることを軽減し、高精度な手術を行なっています。
また、世界でもトップクラスの95万件以上の症例を行っていますが、過去の手術で感染症を1件も出していないので、後遺症への不安もありません。

イントラレーシック金額 症例数 保証
7,5000円 100,0000件以上 〜15年

SBC新宿近視クリニック
SBC新宿近視クリニック  画像 SBC新宿近視クリニックは、安心のアフターケア制度と徹底した感染症対策があるので手術を受けた方の満足度がとても高いクリニックです。

実は、レーシックを受けても3%の人は視力が元に戻ってしまうことがあります。
しかし、そういった場合でもアフター保証の延長サービスがありますので、きちんと対応してくれます。
また、ブログやツイッターで体験談を投稿するとお得な2万円の割引制度があるのでSBC新宿近視クリニックで手術を受けた方は投稿してみるといいでしょう。

イントラレーシック金額 症例数 保証
80,000円 400,000件以上 〜10年

神戸神奈川アイクリニック
神戸神奈川アイクリニック 画像

神戸神奈川アイクリニックは患者に嬉しいお得なサービスや割引制度を導入しています。
もちろん、感染症対策もばっちりなので後遺症への不安もありません。
神戸クリニックと神奈川アイクリニックという実績を兼ね備えたクリニックが統合されたのが神戸神奈川アイクリニックなので、安定した技術のあるクリニックです。
また、アイレーシックはレーシックでは最高峰の技術となっていますが、それを日本ではじめて導入したのが神戸神奈川アイクリニックです。
そのため、現段階では国内の症例数もトップになっています。

イントラレーシック金額 症例数 保証
150,000円〜370,000円 80,000件以上 〜10年
 

レーシックについて

 

レーシック イメージ画像

テレビやパソコンの普及からか、最近は視力が低下してきたと感じる人が増えています。
視力が低下した場合、ほとんどの人はメガネやコンタクトレンズを使って視力を矯正しますが、中には視力そのものの回復を考える人もいます
たとえば雑誌などに掲載されている視力回復プログラムなどを使って目の筋肉を鍛え、視力を回復させようというものが一般的なのですが、これについてはその効果が未知数なため利用者が多いとはいえない方法です。
そんな中、視力回復の方法として最近注目を集めているのがレーシックです。
レーシックは、レーザーを利用した視力矯正手術のことで、その名をとって「レーシック手術」と呼ばれることもあります。
レーザーを目の表面にある角膜に照射し、裸眼の視力を回復させることができるこの手術は、健康保険が適用されない自由診療のため費用が高いものの、受ける人が増えています。
レーシック手術にかかる費用としては、手術を受ける病院やクリニックにより異なりますが、概ね50〜60万円程度ともいわれており、中には20万程度で受けることのできる病院なども存在します。
一般的なレーシック手術の流れですが、まずは手術前の準備として目の状態を検査します。
手術への適応が問題ないと診断されれば手術に入ります。
目の瞳孔を開いた状態で維持するための目薬(一種の麻酔)を点眼した後、レーザーを用いて手術を行います。
このレーシック手術にかかる時間は15〜20分程度で、手術後はほぼ同じ時間の休憩時間をとりますが、瞳孔を開かせる目薬の効果については手術後もしばらく続きますので、やや眩しく感じることがあります。
手術そのものは短時間で終了しますが、その後も定期的に術後の経過を確認するため検査に通う必要があります。
レーシック手術のメリットは、やはり何と言ってもメガネやコンタクトレンズが不要になるという点にあります。
視力の低い人の場合、メガネやコンタクトレンズがなければ日常生活に支障をきたすほどで、入浴時や就寝時などのように一時的にメガネやコンタクトレンズを外すような場合には、事前に「置き場所」を決めてそこに取りに行くということをしなければならないほどです。
レーシック手術で視力が回復すれば、まず朝起きてメガネを探すという必要もなくなりますし、自動車やバイクの運転にもメガネが必要なくなる他、外国映画の字幕も裸眼で読めるようになります。

何より、それまでメガネを愛用していた人がメガネをかけなくなることで、その人の持つ顔の印象も大きく変わるという効果もあります。

もちろん手術後は定期的な検査を受ける必要があったり、これまで以上に目に対する刺激を控えるなど気をつけなければならない点も多くなりますが、それでもなお多くのメリットがレーシック手術にはあります。
その費用こそ決して安くはないものの、メガネが邪魔だと感じている人や、裸眼で街を歩きたい人にはぜひおすすめの視力回復法であるといえるでしょう。